« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月27日 (水)

*香港に行ってきました*その1

12651305_998847033515643_2220618929 12439010_998847003515646_4220575937
香港の沙田にある新城市広場New Town Plaza様から、
「春節イベントとして香港で中国結びの個展をやらないか?」とご連絡をいただいたのは二ヵ月ほど前。
香港に行くかどうか?はじめは行かないつもりでした・・・。
 
というのも実は以前、ある台湾の作品展に誘われて参加した時に、
非常に嫌な対応をされた経験が有るからなのです。
「仕事が出来る有能な人だ」と紹介された台湾の担当者は、
私がメールで送った資料を、溜まったメールの中からさかのぼって探すのが面倒くさくて、
同じメールを何度も送ってほしいと言ってきました(結局5回送りました・・・)。
これのどこが有能なのか?そんな仕事のやり方では信用できないので、
すぐに台湾の友人2人に頼んで、その後のやりとりを手伝ってもらいました。
ところが態度は相変わらず。
とても作家の作品を扱う仕事のプロとは言えない状態でした。
確認のため電話で連絡してもらっても出ないし、
伝言したにもかかわらず、折り返しの返事が一度も来なかったり。
広報時の内容が事前に渡したものと全然違っていたり。
作品管理がなされていなくて、しばらく返って来なかったり・・・。
間に入ってくれた台湾の友人も「酷い!」と怒る始末。
台湾の担当者(あなたの仕事はなんなんだ?)と紹介者(紹介者としての責任は?)は最後まで言い訳で逃げました。自分たちには全く非がないと今でも言っています。
「言葉の問題だ」と周りには言い訳をしています。
電話をしたり間に入ってくれた私の友人は台湾人ですよ。言葉の問題、有りますか?
内情を知らない人たちには、どうせわからないだろうという考えなのです。
 
「この人たち」と関係するまでは、台湾の人たちに対しては好い印象でした。
漫画の仕事で知り合った、台湾の出版社の方々はとても好かったし、
あんな対応や仕事のやり方ではありませんでした。
漫画家の友達とも好い関係しかなかったのです。
ですが、日本人も同様ですが、いろんな人がいる!注意しなければ!
と、猛烈に学んだのでした・・・crying
 
それ以降、どうも海外の活動には積極的になれなくて・・・。
ヨーロッパや香港、などからお声をかけてはいただいていたのですが、
やはり気がすすまず・・・。
去年も台湾の作品展にお誘いいただいたのですが、例の人も関係していました。
また同じように嫌な気持ちになるのが嫌だったのです。
作品制作や技術指導以外に無駄なエネルギーを使いたくなくて・・・。
尊敬する方からのお誘いだったので悩みましたが結局辞退したのです。
 
book
 
そんなこんなで6年ぐらいは日本だけの活動をコツコツやっていました。
 
香港からご連絡をいただいた時、
ちょうど国際文化フォーラム+日中学院の中国結びのワークショップをしていました。
何となく、中国語の先生にその話をしたところ「やってみたほうがいい」と勧められたのです。
台湾の「例の件」で助けてくれた友達にも相談したら、「やってみたほうがいい」と。
全部が全部、あの台湾の人と同じではないし、せっかく私を見つけてくれたのだから・・・という気持ちになりました。
何と言っても信頼できる人たちが勧めてくれるなら、やってみようという気持ちになりました。
 
という訳で、香港行きを決めてから、年末年始はコツコツ準備をしていました。
なにしろ新作の中型掛け飾りを50近く納期までに完成させなければなりません。
「時間がない」を「綺麗な作品が作れない」の言い訳にしたくないので、
1日18時間作品を作っていました。
打ち合わせも自分で。
HSK4級、中検3級の粗末な中国語ですがcoldsweats01合格後一年半日中学院で頑張ったし、
いつまでも友人に頼ってはいけません。なんとか自分でやりとりしました。
香港の担当者の方々も最後まであきらめないで、非常に熱心に対応してくださいました。
 
話が進むにつれて、私の他4名の香港の作家さんも数点展示に加わる事になり、
その中には私が尊敬する手鞠の教授も入っていました。
彼女は私と逆で、日本の伝統工芸が好きで趣味ではなく本気で技術を習得するために、
日本に通った人なのです。縁が有るなぁと思いました。
 
そして準備はあわただしくも進み、
ついに香港に行く日となりましたが、初日はまさかの大雪snow
大型の額作品を幾つも持っていくので荷物が重くて大変だったのですが、
早朝にもかかわらず、ご近所さんが駅まで車で送ってくださいました。
飛行機は、2時間遅れで香港到着。
迎えに来てくださったイベント会社の方に連れられて、ホテルまで。
car
会場は・・・とても広かったです。
池袋サンシャイン60を3つ合体したくらいの規模でした。
12549124_993550284045318_7828030178
大道具さんが会場を作っています。
12573179_993550244045322_1573172601
左側の涼亭に大型掛け飾りと額作品、
右側の六角燈篭に中型の掛け飾りを展示するのです。
12605549_1243825902299849_137712555
こんな感じで、記念写真を撮れる椅子もあります。
12473529_10153866347617629_76129746
巨大な蝴蝶のアーチをくぐる道が。
12593755_10153866347697629_21791218
アーチをくぐり作品展示スペース。
12645042_996601737073506_4323426832
会場は、中国からの人たちや、香港の人たちでいっぱいです。
香港や中国の新聞や雑誌、テレビやラジオの取材やインタビューもたくさんありました。
普段私が思っている事を正直に伝えました。
 
特に私が嬉しかったのは・・・
12592560_997413443659002_5198867018
944077_997413473658999_681395192932
12643007_997413500325663_2780062353
この人たちにとって、誰の作品だなんて関係ないんですよね。
「春節に中国結びをたくさん見た」それだけ。
日本の「お雛様」や「兜」をモチーフに紐で結んだものじゃない。
西洋の「ツリー」や「バッグ」じゃない。
「中華」の「結び芸」、「伝統工芸」。
それ以上でも、以下でも、それ以外でもない。
12643002_998287310238282_7659871162
この子はお爺さんと一緒に来ていました。
お爺さんが、この子に作品を指差しながら「年年有余」と言いました。
 
・・・
crying crying crying
なんてことない事だけど、本当に本当に嬉しかったです。
なんて素敵な光景でしょう!
 
ずっとやっているといろんな事があります。
私が頑張ると都合の悪い人たちもいます。
いろんな意地悪や妨害など嫌な事もあるし、
他の欲望の為に中国結びを利用するだけの人たちを見ると心が痛むけれど、
コツコツ「中国結び」をやっていて、本当に好かったと思います。
 
いろいろ悩んだけれど、今回お仕事をお受けして好かったと想います。
理解してくれる人は必ずいるし、協力してくれる人もいるし、
こんな光景を見ることも出来る!
 
この人たちが大きくなって、中国結びをやったり、教えたりするようになったらいいなぁ・・・。
 

2016年1月18日 (月)

*香港で作品展示とワークショップをします*

12486091_10153843639712629_85139842 このたび香港の沙田にある新城市廣場 New Town Plaza にご招待いただき、
春節イベントとして作品展示とワークショップをさせていただく事になりました。
作品展示は1月20日~2月29日まで、作品点数は新旧合わせて約50点を予定。
1月23日と24日はワークショップを予定しています。
台湾以外の海外の作品展示は初めてで、
はじめはどうしようか悩みましたが日中学院の中国語の老師や台湾の旧友と相談したところ
「やったほうがいい!」と勧めていただき、思い切って決めました。
 
海外とのやり取りは慣れない事もいろいろありましたが、
ようやく皆様にお知らせできるところまで来ました。
最後まで無事に成功できるよう頑張ります。
 
お近くにお住まいの方は是非いらしてくださいね!
・・・って、いるのかなcoldsweats01
帰ってきたら画像アップしようと思います。

2016年1月 8日 (金)

*ワークショップのお知らせ*

Fb_img_1452237723690
今月1月30日に、日中学院で中国結びのワークショップをします。
今回は「綬帶結」という日本人にも馴染み深い結び目をご一緒に楽しみたいと思っています。

参加費は、材料費のみの500円。

お申し込みは直接日中学院まで!


« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »