« 板橋区立美術館 | トップページ | *お教室のお知らせ* »

2014年11月10日 (月)

中型額作品制作

久しぶりに中型の額作品を制作しています

140923_1141010001
ちなみに辞書等で調べていただくと以下のように・・・
・制作→芸術作品をつくる事
・製作→物品をつくる事
という意味ですよ。

なので、作品は「制作」。参考にしてくださいねart

他にも大切な基本用語の「糸」と「紐」は別の材料ですし、
「組み紐」(糸を組んで紐を作る工芸・紐を作っている)と
「結び芸」(紐を使って結び目を作る工芸・紐を使っている)は別の工芸です。
こちらもぜひribbon
 
今年は中国語強化の為に週3(今月は発音矯正も入れて週4)で学校に通っています。
拓殖大学と日中学院の掛け持ちです。
学校の予習復習宿題+漫画仕事+中国結び教室=いっぱいいっぱいcoldsweats02
というのも・・・
 
中国結びのほうは一通り技術も身について、研究段階になれたのですが、
中国語の能力が低くてcrying非常に不便なのです。
去年は台北と苗栗で、私以外は全て台湾人!私が老師!という状況で
↑の結び方の講習会をしたのですが・・・細かいところがもどかしく。
台湾や中国の結友からメールが来ても速攻なお返事が・・・crying
海外の作品展+講演会のお誘いを受けましたが、悩んで悩んでお断りし。
言いたいことが言えないこんな世の中で、非常にポイズンな状況を何とか。
 
今、新HSKは4級で中国語検定は3級合格レベルなのです。
会話はできるが深い対話はできない、そんなレベルweep
これを6級と準1級までに持って行きたいし逝きたい!
そんな理由で毎日2時間~8時間学習に励んでいるのです。
頭の中を美輪明宏さんのヨイトマケの唄がグルグールtyphoon
 
本当は留学したいのですが、中国結びを習いに台湾に通っていた時と同様、
仕事と両立しながら全ての費用を自分で工面するのは、今は難しくて。
想像の翼だけ留学していますgawk
とりあえず一年以上この状況が続いているので、
明るい未来を信じて引き続き、やめないで行きますbud
 
もっと台湾や中国の専門家さんと深く熱く交流がしたいのですhappy01
 
拓殖大学の授業は来年2月に終るので、
来年は日中学院だけにして、作品をもりもり制作するぞ~な気持ちなのですが、
来年の1月からの作品展に向けて、いくつか新しい作品も制作せねば・・・
で、ノロノロ結び始めました。
メインは去年ずっと研究していた結び方を使って、結んでいます。
結び自体はそんなに複雑ではないのですが、調整にコツが必要で、うまくいくと綺麗です(当社比)。
完成したらアップしたいとおもひます。
 
余談ですが、
先生になっても生徒になる時間を持つのはいいですね。
先生だけでいると見失いがちになる事に、気がつくチャンスがあるように思います。
幸い拓殖大学も日中学院もよき先生に指導していただけて、
安心して緊張できる(これって大事!)環境にいます。環境はバッチリ!
後はね~、私次第なのよね~crying

« 板橋区立美術館 | トップページ | *お教室のお知らせ* »

結ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1450292/57947206

この記事へのトラックバック一覧です: 中型額作品制作:

« 板橋区立美術館 | トップページ | *お教室のお知らせ* »