« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月17日 (月)

*お教室のお知らせ*

141116_1238010001

毎月第3日曜日、午前10:30~12:00まで中華工芸の自由レッスンをしています。
こちらはグループレッスンです。
はじめての方から、たまには小さなものを作ってみたい方まで、
中国結びをメインに剪紙と縫い物などをのんびりお楽しみいただけます。

入会金は3000円、レッスンは1回につき3000円(材料費別途)、90分のレッスンです。

道具は一式お貸ししますので、筆記用具だけご持参ください。

もう使わないアクセサリーや天然石を再利用して何か作品にしたい方には、レベルに合わせてデザインのご相談に乗ります。

買ったもので、壊れてしまった結びのアクセサリーや小物等も、ご自身でリメイク出来ます。

房(タッセル)を希望する方がいるので、次回から自由レッスンでも扱うことにしました。
画像の専門書、実は作り方図解を私が描いているので載っている作品は詳しくご説明可能です。
興味の有る方はご一緒にいかがでしょうか?

*12月は都合により17日(水)がレッスン日です*

お気軽にお問い合わせください。

2014年11月10日 (月)

中型額作品制作

久しぶりに中型の額作品を制作しています

140923_1141010001
ちなみに辞書等で調べていただくと以下のように・・・
・制作→芸術作品をつくる事
・製作→物品をつくる事
という意味ですよ。

なので、作品は「制作」。参考にしてくださいねart

他にも大切な基本用語の「糸」と「紐」は別の材料ですし、
「組み紐」(糸を組んで紐を作る工芸・紐を作っている)と
「結び芸」(紐を使って結び目を作る工芸・紐を使っている)は別の工芸です。
こちらもぜひribbon
 
今年は中国語強化の為に週3(今月は発音矯正も入れて週4)で学校に通っています。
拓殖大学と日中学院の掛け持ちです。
学校の予習復習宿題+漫画仕事+中国結び教室=いっぱいいっぱいcoldsweats02
というのも・・・
 
中国結びのほうは一通り技術も身について、研究段階になれたのですが、
中国語の能力が低くてcrying非常に不便なのです。
去年は台北と苗栗で、私以外は全て台湾人!私が老師!という状況で
↑の結び方の講習会をしたのですが・・・細かいところがもどかしく。
台湾や中国の結友からメールが来ても速攻なお返事が・・・crying
海外の作品展+講演会のお誘いを受けましたが、悩んで悩んでお断りし。
言いたいことが言えないこんな世の中で、非常にポイズンな状況を何とか。
 
今、新HSKは4級で中国語検定は3級合格レベルなのです。
会話はできるが深い対話はできない、そんなレベルweep
これを6級と準1級までに持って行きたいし逝きたい!
そんな理由で毎日2時間~8時間学習に励んでいるのです。
頭の中を美輪明宏さんのヨイトマケの唄がグルグールtyphoon
 
本当は留学したいのですが、中国結びを習いに台湾に通っていた時と同様、
仕事と両立しながら全ての費用を自分で工面するのは、今は難しくて。
想像の翼だけ留学していますgawk
とりあえず一年以上この状況が続いているので、
明るい未来を信じて引き続き、やめないで行きますbud
 
もっと台湾や中国の専門家さんと深く熱く交流がしたいのですhappy01
 
拓殖大学の授業は来年2月に終るので、
来年は日中学院だけにして、作品をもりもり制作するぞ~な気持ちなのですが、
来年の1月からの作品展に向けて、いくつか新しい作品も制作せねば・・・
で、ノロノロ結び始めました。
メインは去年ずっと研究していた結び方を使って、結んでいます。
結び自体はそんなに複雑ではないのですが、調整にコツが必要で、うまくいくと綺麗です(当社比)。
完成したらアップしたいとおもひます。
 
余談ですが、
先生になっても生徒になる時間を持つのはいいですね。
先生だけでいると見失いがちになる事に、気がつくチャンスがあるように思います。
幸い拓殖大学も日中学院もよき先生に指導していただけて、
安心して緊張できる(これって大事!)環境にいます。環境はバッチリ!
後はね~、私次第なのよね~crying

2014年11月 1日 (土)

板橋区立美術館

201411011

東京都板橋区立美術館の美術家作品展に参加しています。
http://www.itabashiartmuseum.jp/
11月15日は中国結びの体験教室があります。
11:30~13:00・参加費は材料費込みで100円diamondです。
結ぶのは「平結び(ひらむすび)」の掛け飾り。

お近くの方は是非おこしくださいませsun

« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »