« 定義と認識、そして感覚。 | トップページ | 板橋区立美術館 »

2014年7月27日 (日)

悩んでいるなら

「中国結びも語学と同じように」
発音がきれいな先生
文法を解りやすく教える先生
専門に研究をしている大学の先生
趣味の延長のまま先生ごっこを味わっている先生
・・・ 現実は様々です
そして先生の特徴は必ず生徒さんに影響があります
お医者さんも同じ「免許を持っている」からといって
残念ながら全てが名医ではありませんね
 そう考えると腑に落ちるでしょ?
      確かに中国結びは簡単ではありません
 でもね
 
難しくてなかなか覚えられないのは
 生徒さんの側だけに原因が有るのではないのですよ!
 
中国結びは「教えるのが難しい」のです
 
いくら「本場で試験に合格しました!」と言っても
それは「その人個人がその時に結べた」だけの話
 
「他人に教える技術」とは別ものです
 
他所からの寄せ集めの資料をコピーして渡すだけで
生徒さん個人個人の疑問や質問に詳しくこたえられない先生なら
生徒さんがわからなくて当然です
「他の生徒は皆これでできている」って 突っぱねるように言われても
わからないものは わかりませんよね
個人個人に合わせて 指導したり資料が作れない
「先生」側の勝手な言い訳だったりしませんか?
 
私はわからない生徒さんからの質問は
それにどうこたえるか?の
「自分にとってのチャンスでもある」と思うから むしろ嬉しいし
絶対に逃げたりごまかしたりなんかしません・・・
そんな事する自分が嫌だからです
好きなものには真摯でありたい
 
伸び悩んでいる人こそ上達する希望はありますよ
だって 「伸びたい」って感じる心があるからです
「どうでもいいや」って思っていないからです
 角度を変えてみてはいかがでしょう?
 
あなたはダメなのではありません!
たとえ一緒に学んでいなくても 私は見ているから
元気だしてね

« 定義と認識、そして感覚。 | トップページ | 板橋区立美術館 »

想う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1450292/56911572

この記事へのトラックバック一覧です: 悩んでいるなら:

« 定義と認識、そして感覚。 | トップページ | 板橋区立美術館 »