2018年6月 2日 (土)

読みにくい名前

名前が大切な事は言わずもがなですが、
契約や申し込みなど重要な場合を除いては、書き間違え、私はあんまり気にしていません。
 
DMなどの宛名で「これ、考えて書けばこんな間違いしないだろう」というものでも、
笑いはしても怒る気にはならないのです。
 
以前「みんだ工房」という名前で中国結びのお店をやっていました。
(商売人ではないと痛感したのでやめてしまいました・・・)
 
お店をやっていると、どこからともなくいろいろセールスが入ります。
 
某練馬にある遊園地からのDMの宛名が「みんだ攻防」だったり、
某大手出版社からのDMの宛名が「もんだ工房」だったり・・・。
 
読みにくい・・・というよりは、完全にうっかりの確認ミス。
(しかもこの場合、作業した人は仕事で・・・ですが怒りません。)
 
友人とまではいかない「知り合い」からの年賀状、作品展のお誘いDM・・・
他にもいろいろ。
 
それでも一度も怒ったことは有りません。
 
(怒っても意味が無いから。怒る時は意味がある時だけ。怒ると疲れるし。)
 
 
      文字を書き写すのは、「見て、考えて、手を動かす」
 
ただそれだけの単純作業です。
確認さえすれば間違えることはないのですが、ちょいちょい間違いは起こります。
 
 
 
問題は、「読む」「呼ぶ」時なのです。
 
目に見えない時。
 
私の名前は読みやすいので、読み間違いはほとんどありません。
なので、対自分では問題は起きないのですが、
 
「読みにくい名前」の人と会った時が問題なのです。
 
読み方がよくわからない名前の人の名前を呼ぶ時、
 
「間違えて、失礼したらどうしよう」と、読む方は不安でいっぱいですよね。
 
間違えられることに慣れている人なら、気にしない人なら助かるのですが、
 
困るのは「怒る人」なのです。
 
物凄く不機嫌な反応をする人って、いますよね。
 
書き間違いならば、怒っても納得できるのです。
言い間違いで怒られると、「申し訳ない!」と同時に「なぜ怒る?」と思ってしまうのです。
 
自分自身にとっての「普通」が「普通じゃない」事ってあります。
ルールや常識、歴史ではっきりしていない事ってあります。
難読名前の読み間違えは、仕方がないと思うのです。
 
もし、私だったら怒らないです。嫌な思いもしません。
だって「仕方がない」と思うから。
 
逆に「読みにくくてすみません」と思うから。
 
読みにくい名前で生きていく運命を受け入れるしかない!と思うから。
 
「キラキラネーム」が氾濫して、本当に読めない名前が増えてきました。
 
読み間違えて、不機嫌になる顔はあまり見たくないです。
「大丈夫です」と音声では発せられているけれど「放つオーラ」が大丈夫ではない。
そんな時の場の「気」が突き刺さって痛い。
 
 
 
 
上手な人付き合い方法に「相手の名前を呼ぶ」 というのがありますが、
間違えたら上手どころの話ではなくなってしまいますよ・・・。
 
実は、私はあまり相手の名前を呼ばないのです。
間違えるくらいなら、呼ばない方が良いと思うのです。
 
ある意味「ヘタで不器用」なのです。
 
 読みにくい名前で怒る人って、一生怒るのだろうか?
なんだか、大変だなぁ。ご本人も、周りも。

2018年4月10日 (火)

「考え方はいろいろある」という意味合いを持つ言葉の使い方について

「そういう考え方もある」

話が平行線になった時、取り合えずこの言葉を使って「落ち」をつけたり「逃げる」ケースはよく見られるし、使い方によってはアリだと思うのですが、
「本当にそれでいいのだろうか?」と、引っかかる事も時々あります。

前から引っかかっているけれど、今日また引っかかった話。
いろんな意味で利己的で愛のない残酷な行為だなぁと、聞いていていつも思う話。

例えば、詐欺に合った人間がいたとする。
本物だと思い込まされ夢中になる。
騙されている事に気付く事なく、結果的にとても楽しかったとする。
(うまく騙されてしまったから)

実は自分が騙されている事に気付くきっかけは、ちょいちょいあったし、
忠告者もいたけれど、その場の楽しさ優先で気持ちを切り替えられないまま時は過ぎる。

懐かしい楽しさだった。また味わいたいと思う。
そして「あの楽しかった気持ちを他の人にも伝えたい」という大義名分の元(おそらく本心は別のところに有るから)、自分もまた騙す側となる。

・・・立場違えど再現できたあの時間、それもまた楽しい。

そこに、水を差すように「あなたのやっている事は、おかしくはありませんか?」と、
誰かから突っ込みを受けたとする。

そこで出てきた返事が…
「考え方は人それぞれです」「いろんな考え方もある」(だから私は間違っていない)。

何となくの曖昧な空気を生む言葉で、その場はしのがれる。
しのがれた事で妙な安心感を得、また詐欺行為は続けられる。

 

「人それぞれ」で片付けられない、決定的におかしな事ってあります。

「人それぞれ」で、やり過ごせること、やり過ごせない事はあります。

たとえ自分が(結果的に騙されていたけれど)楽しかったからといって、
同じように他人を騙して楽しんでいい理由なんてどこにもないです。

結婚詐欺や詐欺商法なら捕まりますが(それも見つかればですが)、
世の中には犯罪とまではいかなくても、
似たような事をして、無責任に他人を巻きこみたがる人がたくさんいます。

私は「その手の人たち」と普段ほとんど接点のない生活をしていますが、
ときどき話を聞く事があります。
今日もそうでした。

きっと大昔から、同じようなことをする人間はたくさんいて、今後もきっといなくならない。

絶えずニュースや新聞が、そんな人たちの起こした事で埋まっているように。

 
詐欺行為を無責任に楽しんでいる人たちに対して希望は持っていないし、
どうこう言っても無駄だと思うけれど、

なんでそんな詐欺行為を、
うすうす自覚しながら大きな顔をしてできるのか?が私には理解できないです。

・・・聞けばやっぱり、気持ちのいいものではありませんね。

2018年2月 6日 (火)

*作品展のお知らせ*

埼玉県山西省友好記念館「神怡舘」(しんいかん)特別展

みなみりょうこ 清水裕美 中国結び二人展

◆~2月25日(日)までの展示です

20180102cb

・・・「いつか、いつか」と思っているうちに「いつか」は無くなってしまうもので、十年以上開催していたこちらでの作品展は今回で最後です。

今年度末で記念館は閉館となります。

 

そうやって逃してきたものは戻っては来ません。
なんでもそうですね。

学びの機会も同じだと思います。
中国結びに限らず、やってみたい事は一日でも早く始めた方が良いです。

考えているうちに出来なくなります。

私たちの人生だっていつか終わりが来ます。

これは本当の話。

こちらの企画展、毎回心残りの無いように準備してきました。

寂しいですが、やり残したことはありません。
幸せな時間でした。

*中国結びを学んでみませんか?*

●日中学院等の外部講座はグループレッスン、全体のペースに合わせて学んでいただけます●
https://www.rizhong.org/part-time/special

◆個人レッスンでマイペースに学習をご希望の方は、板橋区の私の教室へお問い合わせください◆
http://www2.ttcn.ne.jp/~cyu-gokumusubi/

#中国結び #中国结 #中國結 #chineseknot #knot

2017年12月11日 (月)

*中国結び作品展のお知らせ*日本埼玉県中国山西省友好記念館特別展

20180102cb

2018年1月2日から、私と清水裕美先生の中国結び二人展をいたします。

秩父はパワースポットやアニメの聖地巡礼、温泉も楽しめる観光地です~ヽ(´ー`)ノ

中~大型の額飾り作品を50点、掛け飾り50点メインに展示予定です。

 

大型額飾り展示…
一度に多くの中国結び作品を見る機会は、世界中でも少ないですよ。

新年は、開運の秩父で運気アップしに来てくださいね。

 

・一部作品、販売します。

・他、書籍、材料、中国工芸品なども特価販売します。

 

*中国結びを学んでみませんか?*

●日中学院等の外部講座はグループレッスン、全体のペースに合わせて学んでいただけます●
https://www.rizhong.org/part-time/special

◆個人レッスンでマイペースに学習をご希望の方は、板橋区の私の教室へお問い合わせください◆
http://www2.ttcn.ne.jp/~cyu-gokumusubi/

 

#中国結び #中国结 #中國結 #chineseknot #knot

2017年10月16日 (月)

*作品展のお知らせ*@東京都板橋区立美術館

201710itabi_2
明後日18日(水)~22日(日)まで、東京都板橋区立
美術館の美術家作品展に出展いたします。
私の作品は一点ですが、他にも日本画、洋画、立体、写真など素晴らしい作家先生の作品もお楽しみいただけます。...

お近くの方は是非いらしてください。

私は最終日におります~

mapleDMの作品に採用してもらいましたhappy01嬉しいな

http://www.itabashiartmuseum.jp/…/2017-exhibi…/ex171018.html

2017年8月22日 (火)

網目結びの応用

ここのところお教室やイベントのお知らせばかりでしたが

久しぶりに中国結びの作品についてのお話をcatface

さて 網目結び(あみめむすび) という結び目がありますが
コースターかカラーの花ばかりで
他の作品に応用しているのをあまり見かけませんよねsweat01

言っている私も初心者対象のワークショップではそんな感じですが

集中講座や本科の生徒さんには

バレッタや小さな額飾りなどの応用方法もご紹介しています

そして・・・もっと活用する方法があるはず!

例えばこれ

Fotor_150268415639134_3

実は余った紫の紐(糸という人がいますが紐と糸は別物ですよん)を使って

何となく単線の紐扣結びで葡萄を結び

小ぶりのザルに貼ろうと思ったのですが・・・

ザルがない

最近は台湾に行っても中国結びの材料が売っていなくて不便です

買い置きもなくなってしまいました

将来を考えて他の方法を考えるしかなく

いっそ紐で結んでみようかと 結ぶなら何結びを?花箍系(はなこけい)か?

やっぱり初心者でも結べる系がいいよなぁ

という訳で 網目結び

Fotor_15026842809784

葡萄だけではレイアウト的に物足りないので

平結びの トンボもいっときましょう!

Fotor_150271147660824_2

小さいトンボ 可愛いな

ちなみに使用した紐(糸じゃなくて紐だ!紐!←しつこい)はAB玉線

Fotor_150269241410211

合わせてみた 座りがあんまり良くない

Fotor_150294027195131

葡萄の粒を足してみた

いい感じ 足したのも余った紐(糸じゃなくてsweat01)なので

太さが違うけど この手の作品だから まぁいいかcoldsweats01

 

網目結びをこんな感じで応用すれば

薔薇と蝶々にしても可愛いかな

いつかやってみよう やってみて!

#中國結 #中国结 #中国結び #chineseknot #knot #中国紐

*東京で中国結びのお教室をやっています*

グループレッスン 日中学院 初心者向き 途中からでも参加OKです

個人レッスン みなみりょうこアートワークス

2017年3月20日 (月)

*中国結び検定のお知らせ*

中国結びに対する考え方が近く、運営にも積極的に参加活動できる先生方と一緒に、検定試験を年一回実施しています。

↓こちらは過去問です

20154_2

20164

日本では、専門的に学んでいる人が非常に少ない中国結び。
西洋マクラメ結びや日本結びと混同されている方も少なくありません。
中国結びには中国結び目線の結び目の名前や表現などがありますよ。

この試験は、講座で学んでいる生徒さんたちの学習目標やモチベーション持続、技術向上のために始めました。
目標や締め切りが無いと、なんとなく・・・のまま時間が過ぎてしまいがちです。

講座に通っていない方でも、ご希望があれば受験を受け付けています。
今年も6月18日(日)に、東京の池袋で予定しています。

台湾にもいくつかの検定試験がありますが、大きな集まりの認定試験でも、ここ数年は二年に一度の試験で受験者が10人に満たない年もあります(段階的な試験ではなく、講師認定のみ)。
15年ほど前までは100人近かったのですが、今は中国の試験の方が規模は大きいです。

ましてや詳しく教えている方も、学んでいる方も少数の日本では・・・なので、ささやかな試験です。
だからといって内容は手を抜きません。段階的にステップアップできるシステムと、合格して心から嬉しい試験にします。

大げさに考えず、お気軽にご参加ください。

*合格者には認定証を発行いたします。
講座に通っている生徒さんたちは、担当講師から願書と募集要項を受け取ってください。

*一般の方で興味のある方は、願書を以下の方法でお取り寄せください。折り返し願書と募集要項をお送りします。

Photo

試験を利用して、自身の実力を向上し、自信につなげてくださいね。

・・・・・・・・・・・

試験範囲については、今まで公開した資料を参照してください。
ご質問はメッセージでお問い合わせください。
4月6日まで、お返事にお時間をいただく場合もございます。
すぐにお返事ができません。ご了承ください。

・・・・・・・・・・・

是非挑戦してみてくださいね!
#中国結び 中国结 #中國結 #chineseknot #knot

2017年3月15日 (水)

*作品展のお知らせ*

数日後にリンクが切れてしまうかもしれませんが、
NHKの各地のニュースで中国結びを紹介していただきました。
興味のある方はご覧ください。
10898204_910866342271259_4454908754
作品名は「緩急自在」です。
 

2017年3月13日 (月)

掲載誌のお知らせ・月刊聴く中国語

2017年1月号から「月刊聴く中国語」で漫画とイラストを担当しています。

4月号です。

Tzw3

今月号の表紙も、3月号に引き続き私の中国結び作品がめじるしです。

中のパン君漫画ともども、どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

2017年2月18日 (土)

中国結び検定試験のお知らせ

中国結びに対する考えが近い先生方と一緒に、検定試験を年一回実施しています。
日本では、専門的に学んでいる人が非常に少ない中国結び。
西洋マクラメ結びや日本結びと混同されている方も少なくありません。
中国結びには中国結び目線の結び目の名前や表現などがありますよ。

この試験は、講座で学んでいる生徒さんたちの学習目標やモチベーション持続、技術向上のために始めました。

目標や締め切りが無いと、なんとなく・・・のまま時間が過ぎてしまいがちです。

講座に通っていない方でも、ご希望があれば受験を受け付けています。
今年も6月18日(日)に、東京で予定しています。
第5回目です。

講座に通っている生徒さんたちは、担当講師から聞いてください。

こちらのページでも、3月中旬頃詳細をお知らせします。
一般の方で興味のある方は、メッセージでお問い合わせください。

試験を利用して、自身の実力を向上し、自信につなげてくださいね。

・・・・・・・・・・・
こちらは2016年第4回の過去問

準4級の試験問題です

201606kenj4

・出題ポイント
 入門初心者レベルの内容です。
 紐の流れを読んで、結べるか?に重点をおいて問題を作りました。
 本だけで独学している方でも合格できる内容です。
・・・・・・・・・・・
是非挑戦してみてくださいね!

«雑誌掲載のお知らせ・月刊聴く中国語